Salesforceからの自動配信メール

自動化の運用例や、実装方法などをご案内します。

大切な施策を自動で実行

一通ずつ送るのは大変なものの、やれば効果的だと思うメールありますよね。自動化するによって少ない工数で実現できます。
「対応漏れを防ぎやすくなる」、「送信ミスの危険性が無くなる」といったメリットもあります。


自動化の例

化粧品Aの購入後3ヶ月経過したお客様に、化粧品Aの詰め替え版のお知らせや、化粧品Aと一緒に使うとより効果的な化粧品Bのご案内をする。


化粧品Aを購入時に会員登録のお礼メール送信。2週間後、化粧品Aと一緒に使うと効果的な化粧品Bのご案内メールを送信。ユーザー「化粧品Aが肌に合っているので、化粧品Bも使ってみようかな」化粧品Aが残り僅かになったとき、化粧品Aのクーポンのご案内メールを送信。ユーザー「良かったのでまた買おうかな」
その他のアプローチ方法
  • 新規お客様の対応業務に追われて、確度の高いお客様のフォローが薄くなっている
    →フォローアップメールを自動化して、どちらも漏れなく対応しませんか?
  • 既存顧客との接点を深めたい
    →誕生日当日に、お客様に自動でメール配信しませんか?
  • セミナーの参加率を上げたい
    →ご来店予約日前日のお客様に自動でリマインドメールを送りませんか?

実現方法

Salesforceのレコードに対して自動配信メールを送る方法を、2つご紹介します。
Autobahn for AppExchange」を使う場合とSalesforceの標準メール機能を使う場合、それぞれの機能的な違いを下記に記しています。


カスタムオブジェクトへの配信 開封の計測 クリックの計測 オプトアウト対応
Autobahn for AppExchange ◎(開封に伴うスコアリングも可能) ◎(クリックに伴うスコアリングも可能)
Salesforceメール機能

※2018年1月現在時点での比較です。機能アップデートにより違いが発生する可能性があります。



"Salesforceに登録された日付"や"日付項目"のデータをトリガーに、自動配信を起動させます。
設定方法の詳細に関して、Autobahn for AppExchangeについてはトライコーンにお問い合わせください。
Salesforceの標準機能についてはSalesforceのヘルプなどをご確認ください。