Salesforceからメールを一斉配信する3つの方法

メール イメージ画像

多くのお客様に対してカンタン・低コストで情報配信する手段として、優先的に検討されるのがメールの一斉配信です。しかし、Salesforceから顧客リストをダウンロードしてメールを配信するのは手間がかかりますし、事故の原因にもなりえます。

そこで今回は、Salesforce上の顧客メールアドレスに対して簡単にメール配信を行う方法を、以下の3つご紹介します。

  1. リストメール
  2. Autobahn for AppExchange
  3. MA(マーケティングオートメーション)

1. リストメール

リストメールとは

メールを一斉配信するための、Salesforceの標準機能です。
リード/取引先責任者/個人取引先に対して配信できます。
キャンペーンメンバーへの一斉配信も可能です。

画面イメージ

例えば、取引先責任者のリストビューから「リストメールの送信」ボタンを押すと、
以下のようなポップアップが表示されます。件名や本文などを入力し、すぐに配信可能です。

リストメールのイメージ画像

メリット・デメリット

メリット
  • 無料で利用できる
  • 文面内に、宛先のお名前や企業名などを差し込み可能
  • 条件を絞って配信できる
デメリット
  • 1日あたり5,000通までしか配信できない
  • 配信できるオブジェクトがリード/取引先責任者/個人取引先のみ
  • エラーになった人を一覧で確認できない

2. Autobahn for AppExchange

Autobahn for AppExchangeとは

Salesforceと完全連動したメール配信アプリケーション。面倒な配信リストのダウンロード作業をすることなく、顧客データに対して簡単にアプローチできます。

画面イメージ

アプリとしてSalesforceにインストールいただく形となっています。
Salesforceの画面上で、文面設定から配信予約まで行うことが可能です。

Autobahn for AppExchangeのデモ画面。Salesforceの画面上でアプリケーションを切り替え、そのままメールの作成、送信ができます。

メールが配信された後、受信した方のレコードを見ますと
以下のように、本人が開封やクリックなどをした記録を確認できます。

スコアリング(受信者の行動に応じて、専用の数値項目に自動で点数を加算する)機能も
備わっていますので、見込みの高いお客様を割り出すことが可能です。

Autobahn for AppExchangeでメールを配信すると、活動履歴(Todo)にその記録が残ります。特定のスコア項目に点数を加えることも可能です。

メリット・デメリット

メリット
  • すべてのオブジェクトに配信可能
  • 配信件数に上限がない
  • エラーメールを一覧で確認できる
  • オプトアウト(配信停止)の申請を受け付ける機能を標準装備
  • ステップメールの配信が可能
  • 開封やクリックの記録・スコアリングが可能
デメリット
  • 有償サービス(料金は資料からご確認ください)
  • 複雑なシナリオ配信を設計するにはハードルがある

3. MA(マーケティングオートメーション)

MAとは

文字通り、マーケティングを自動化するためのツールです。
顧客データの収集から分析、営業担当への通知、メール配信などを自動で行います。

Salesforceとデータ連携できるMAも提供されており、例えば
セールスフォース・ドットコムが提供するPardotやMarketing Cloudなどがあります。

メリット・デメリット

※MAの種類やエディションによって異なります。

メリット
  • メールの一斉配信に加え、複雑なシナリオに沿った自動配信も可能
  • スコアリングなどの機能が充実
  • フォームやLPを制作する機能が備わっている
デメリット
  • メール配信アプリと比較すると、金額が高い傾向にある
  • 高機能な半面、導入時の要件定義などに工数がかかる
  • 開発ベンダーに導入支援を依頼するのが一般的

まとめ

1. リストメール 5,000件以下のリード/取引先責任者/個人取引先に対してメールを配信する企業におすすめです
2. Autobahn for AppExchange カスタムオブジェクトなどにメールを配信したい/5,000人以上に配信したい/エラー計測やオプトアウト、スコアリングの機能が欲しい という企業におすすめです
3. MA メール配信に留まらず、高度なWebマーケティングを行いたい企業におすすめです