Salesforceと連携できる
フォーム作成ツール
「クライゼル/Salesforce
連携サービス」

Webフォームを簡単に作成しSalesforceに自動連携

サービス概要

クライゼル/Salesforce連携サービスとは?

クライゼル/Salesforce連携サービス

Webフォームをすばやく作成。登録されたデータは、自動でSalesforceに即時連携されます。

クライゼルでは、高機能かつ柔軟なWebフォームを簡単に作成することができます。
>>実際のフォームを見てみる(当サービスの資料請求フォーム)
クライゼルに登録されたデータは、専用の「Salesforce連携サービス」から、お使いのSales CloudやService Cloudに自動連携させることが可能です。

用途例

業務効率化やマーケティングなどの領域で活用できます。
具体的には、以下3つの例に限らず様々な用途で利用されています。

会員登録

webから会員募集を募る

Webから会員登録してもらうための窓口として。Salesforce上のリードや取引先責任者、カスタムオブジェクトで管理する運用です。

アンケート

ウェビナーの事後アンケートも可能

回答結果を個人に紐づけることも可能。顧客分析や満足度調査などを行った後、集計するにはSalesforceのレポート機能が便利です。

お問い合わせ

在宅勤務でも顧客フォローができる

Webで見込み顧客との接点を作ったり、既存客からの質問を受け付けてSalesforceの「ケース」で顧客対応の進捗管理を行ったりできます。

特徴

誰でもカンタン

工数削減や業務効率化に貢献します

Salesforceの標準機能でWebフォームを作成するには専門的な知識が必要で、想定以上に時間やコストがかかってしまう可能性があります。クライゼルでは、どなたでもカンタンにフォームを作成し、すぐに施策を実行することが可能です。システムの個別開発も不要です。

フォームやデータベース、利用アカウントは無制限に作成することができますので(追加コスト不要)、低コストで様々な用途で活用いただけます。 入力補助機能や公開設定なども充実しております。
>>資料で詳細を確認する

日々の業務を効率化

データ連携の定期的な手作業は不要。自動で連携させます。

手作業でSalesforceにデータを登録する必要がないため、日々の作業負担を大きく軽減することが可能です。同時に、個人情報の取り扱い上のリスクも軽減できます。

さらに、フォームからデータを入力した本人が自分の登録情報を参照・更新する会員制サイトの機能もあり、顧客管理の自動化を実現します。

複数のオブジェクトとの連携

複数のobjectと連携できます。

Saleforce上のリードや取引先責任者、カスタムオブジェクト、ケースなど、ほとんどのオブジェクトと連携できます。(Web-to-リードやWeb-to-ケースとの連携も可能)

また、クライゼルの特徴として、複数のWebフォームが作成可能となっておりますが、それらをSalesforce上の指定したオブジェクトに連携させることができます。

メール機能の活用

メール配信で、顧客データを有効活用。
以下のメール配信機能と併用することで、フォームを最大限に有効活用できます。
  • フォーム登録時の自動配信メール(本人および社内への通知)
  • 数日後のフォローメール自動配信
  • 一斉配信(セグメント配信や開封/クリック/エラーの計測が可能)

クライゼル/Salesforce連携サービスで、
効率的にデータを取り込みましょう!