Salesforceを使ってメールマーケティングを行う方法

貴社の販売促進・CRMにお役立てください

はじめに

Salesforce×メールマーケティングとは

メールマーケティングで、サービス紹介・顧客関係管理を低工数で始めましょう

Salesforceに溜まった顧客データを放置していませんか?
マーケティングに活用しないのはもったいないです!自社サービスの紹介や顧客との関係構築を目的に、手軽に始められるメールマーケティングから試してみてください。

メール配信サービスやフォームサービスを有効活用することで、Salesforce上で簡単にメールマーケティングを運用できます。このページでは、その方法について解説していきます。

メールマーケティングの特徴

広告やDM配信などのマーケティング手法と比較すると、メールマーケティングは何と言っても安さが最大の特徴でしょう。
多くの方々に対して一斉に情報を配信できるという点では広告やDM配信と変わりませんが、
メールの場合は1通あたり1円以内に抑えることもでき、コスト面で優れています。

また、メール配信サービスはすぐ導入できるものが多く、配信に必要な工数も比較的少ないため、鮮度の高い情報を素早く提供できるのも特徴です。

メールマーケティングの必要性や種類に関する記事はこちら
メルマガ・メールマーケティングとは?メール施策の効果を高める方法



セールスフォームドットコムのロゴ

Salesforce上で行うメリット

Salesforceユーザーがメールマーケティングを行うメリットは他にもあります。
例えば、「顧客データベース」というサービス形態を活かし、簡単に顧客へ情報配信・情報収集することが可能です。より具体的に言うと、フォームからメルマガ購読を受け付けてSalesforceに登録し、そのアドレスに対して直接メールを配信できます。

また、メールの受信者が開封・クリックした履歴をSalesforceに記録できるサービスもあり、
いわゆるSFA(営業支援)やスコアリングといった運用でもご検討いただけます。

メールマーケティングの運用ステップ

このページでは、以下の3ステップで運用方法を解説します。




Step1. 配信対象を集める

集客施策の例

Salesforce上のリードや取引先責任者など、顧客データを増やす施策を3つご紹介します。


会員登録

顧客情報を取得し、自動でSales Cloudに連携させる

会員登録やメルマガ購読申請、Web入会された方をSalesforceに登録します。その窓口としてWebフォームを活用すると、運営上の手作業を削減できます。

資料ダウンロード

資料(ホワイトペーパー)の申し込みからステップメール等でアプローチ

Web広告からLPを経由して、資料をダウンロードしてもらう運用です。見込み客をSalesforceに登録し、「商談」などを活用して進捗管理できます。

キャンペーン

集客したお客様との長期的なコミュニケーション

プレゼントや割引などのキャンペーンで、見込み客を獲得する施策になります。取得したメールアドレスに対して、メルマガで関係構築を図りましょう。



Webフォームを活用する

メルマガ登録フォーム

上記の施策を実現するには、基本的にWebフォーム(入力ページ)が必要になります。

電話や紙などの媒体で集めたお客様の情報を、Salesforceに手入力していくことも考えられますが、母数が多いと手が回りません。そのため、フォームで取得した情報をそのままSalesforceに登録すると便利です。
(やり方はいくつかありますので、「Salesforceでフォームを運用・作成する方法」をご確認ください。)

ただ、フォームのツールから定期的に手動でデータをアップロードするのは手間、かつ顧客情報取り扱い事故の原因になるので、Salesforceと自動で連携できるサービスが望ましいでしょう。
高機能で柔軟なフォームを簡単に作成できる「クライゼル/Salesforce連携サービス」をお勧めいたします。




Step2. メールを配信する

Salesforceから直接送る

簡易的なMAを実現するメールシステム。カスタムオブジェクトへのメール一斉配信や、活動履歴への記録も可能

メール配信のたびに毎回、Salesforce上の顧客データをダウンロードして配信システムにアップロードするのは手間だと思いませんか?
Autobahn for AppExchangeなら、Salesforceから直接メールを配信できます。Salesforceの管理画面から簡単な操作で、そのまま文面作成・配信設定が可能です。

メール配信の流れ

メール配信と言うと、文面を作って送るだけというイメージがあるかもしれませんが、
本格的なメールマーケティングを行う場合は、配信ごとに以下のような手順を踏むと良いでしょう。



効果的に送る

メールマーケティングの効果を高めるためのコツを、いくつかご紹介します。
読み飛ばす方は「Step3. 顧客の反応をキャッチする」へ


顧客目線でアプローチすることが大切です

有益な情報を提供する

メールの受信者にとって利益のあるお知らせを送らないと、メルマガは次第に読まれなくなっていきます。
そのため、短期的な目線で宣伝メールを送るのは危険です。

まずは、ユーザーが求める内容を分析して汲み取りましょう。
価値ある情報を詳しく記載して配信することで、ユーザーにとって有益な情報源として認められます。

具体的なコンテンツ(配信内容)としては、メルマガだけで得られるおトクな情報や新着情報、クーポン、コアなファンが食いつきそうな記事などを配信すると良いでしょう。

お客様ごとに文面を分ける

消費者が自分の知りたい情報を簡単に手に入れられるようになった今、万人に同じ情報を一斉配信しても効果を出しづらいです。
例えば、女性向けの化粧品を男性にメールで周知しても、クリック率は低く、配信停止の割合が高いでしょう。

逆に、本人の特性に合わせて興味を持ちそうな文面を送ることで、配信停止を希望する人が減り、文面内のURLクリック率が上がります。
お客様の性別や年代、業種、関係性などによって配信する文面を分けましょう。(いわゆる「セグメントを切る」という手法です)

このように、簡単に条件を絞って情報配信できるのもメールマーケティングの強みです。
また、基本的にメール配信システムには、文面内に配信対象者の氏名を差し込む機能が備わっているので、ぜひ活用して効果を高めましょう。


開封率を上げる

開封率の平均は約20%前後などと言われています。まずはここを目指して、メールを開いてもらうことが大切です。

消費者の日常に寄り添うことが大切です
配信タイミング

受信者がメールを開きやすいタイミングを狙って配信することが大切です。
狙い目は、パソコンやスマホを開いている時、かつ、忙しくない時間帯だと考えられます。

例えばBtoB向けのメルマガの場合、主な受信者はビジネスマンです。
そのため、通勤時間やお昼休憩前後の時間帯を狙って配信すると、開封率が高くなりやすいです。
ただ、土日に配信すると開封率は下がる傾向にありますが、BtoCの場合はそうとも限りません。

企業向けでも個人向けでも、ターゲット層の生活スタイルに寄り添って配信するのがコツです。
主婦であれば家事が落ち着く時間、学生であれば部活やアルバイトが終わる時間を狙いましょう。

まずは、メルマガに登録しているユーザーの生活スタイルを調査することが大切です。

件名

件名も開封率に大きく影響します。というのも、多くの人はメール一覧に表示されている件名を見てから、
興味のあるものだけ中身を確認する傾向にあるからです。そのため、以下のような工夫をすると良いでしょう。

件名のコツに関する詳細は、こちらの記事へ
メルマガに効果的なタイトルとは?開封率を高めるタイトルの付け方



ブランディングのためにも、PCやスマホ、タブレットに最適化されたメールを送りましょう

HTMLメールを送る

何故でしょうか?人間は誰しも、文字ばかりのテキストメールより、画像が入ったメールの方が読みたくなります。画像は具体的な情報を瞬時に伝えることができるため、HTMLメールは訴求力が高い傾向にあります。
それだけでなく、HTMLメールでは開封率を計測でき、効果測定に役立てることが可能です。
(テキストメールは仕様上、メールの開封履歴を計測できません)

可能ならレスポンシブ対応(パソコンとスマートフォンの両方に最適化された)HTMLメールが望ましいですが、通常のWeb制作とは異なる専門技術が必要となります。自社内での制作が難しい場合は、トライコーンのレスポンシブHTMLメールの制作代行サービスを検討してみてください。

※メールのクリック率は平均約3%前後などと言われており、0.1%上げるのにも一苦労です。そんな中、化粧品会社のテキストメールを、内容はそのままトライコーンがHTMLメールに作り直し、クリック率が4.5%上がったという実績があります。

HTMLメールの作り方に関する記事はこちら
HTMLメールの作り方とは?作成の基本から応用的なテクニックまでご紹介




Step3. 顧客の反応をキャッチする

配信停止を受け付ける

受信停止の申請窓口が必須です

メルマガの文面内に、配信停止(オプトアウト)の受け付け窓口を記載することは、法律で義務化されています。窓口の記載は、連絡先を明記するか、配信停止申請のURLを載せる必要があります。
Autobahn for AppExchangeには、オプトアウト用の機能が標準で備わっています。

その他メルマガで順守すべき法律に関しては、こちらの記事へ
メルマガで注意すべき特定電子メール法とは?法律違反を避ける方法

開封・クリックを取得する


MA(マーケティングオートメーション)でなくても、配信結果を計測することができます

開封率やクリック率を取得することで、どのような件名・文面を送ると反応が多いかを分析できます。
メールマーケティングのPDCAを回しましょう。ABテストも有効です(配信対象を2分割し、ほぼ同じ文面を送って結果を見比べる分析手法)。

また、開封・クリックの履歴が多い人を優先して営業アプローチするといった施策も可能です。
Autobahn for AppExchangeには、開封・クリックを取得してSalesforceに記録する機能が標準で備わっています。いわゆる「スコアリング」も可能です

効果測定の重要性やポイントはこちらの記事へ
メルマガは効果測定が重要?効果的なメルマガ配信を行う3つのポイント

登録情報の更新を受け付ける

メアド変更や住所変更などを自動化し、業務効率化を図りましょう

顧客が自分のメールアドレスや住所などを変更する際に、毎回手動で手続きを行っていると、
手間かつミスの原因になります。
Webフォームから顧客が自分の登録情報を直接変更できるように設計し、運営を効率化しましょう

※「クライゼル/Salesforce連携サービス」では、更新フォームの実装が可能です。

アンケートを取得する

NPSを実施し、回答内容を個人と紐づけることも可能です

満足度調査や顧客分析を実施し、サービス改善/マーケティングに活かしましょう。
Salesforceのレポート機能を使うと、集計が便利です。

※「クライゼル/Salesforce連携サービス」では、アンケートフォームの実装が可能です。
リードや取引先責任者などと参照関係を組んだ状態で、カスタムオブジェクトに登録することもできます。



まとめ

効率的にメールマーケティングを始めましょう!

今回ご紹介しましたように、Salesforceユーザーはメール配信システムやフォーム作成ツールなどを使うことで、簡単に顧客データを蓄積→有効活用できます。
メールマーケティング事業の老舗であるトライコーンは、Salesforce連動型のサービスを提供していますので、是非その詳細も見てみてください