Salesforceを使ってメールマーケティングを行う方法

貴社の販売促進・CRMにお役立てください
無料ウェビナー【SalesforceCRM施策で抱えがちな4つの課題とその解決方法】

Salesforceユーザ向け 無料ウェビナー受付中!
【CRM施策で抱えがちな4つの課題とその解決方法】

はじめに

Salesforce×メールマーケティングとは

メールマーケティングで、サービス紹介・顧客関係管理を低工数で始めましょう

Salesforceに溜まった顧客データを放置していませんか?

低コストで有効活用する方法として、メールマーケティングをお勧めします。お客様に対して、手軽にサービス紹介や関係構築を図ることができるからです。
詳しくは「メールマーケティングの重要性」へ

Salesforceはメールマーケティングとの相性が良く、専用の機能やサービスを活用することで、簡単かつ効果的に運用できます。このページでは、その方法について解説していきます。

メールマーケティングの運用ステップ

このページでは、以下の3ステップで運用方法を解説します。




Step1. 配信対象を集める

集客施策の例

Salesforce上のリードや取引先責任者など、顧客データを増やす施策を3つご紹介します。


資料ダウンロード

資料(ホワイトペーパー)の申し込みからステップメール等でアプローチ

Webから資料をダウンロードしてもらう運用です。顧客情報をSalesforceに登録し、「リード」や「商談」などを活用して進捗管理できます。

キャンペーン

集客したお客様との長期的なコミュニケーション

プレゼントや割引などの"キャンペーン"で見込み客を獲得します。そこからメルマガで地道に関係構築を図る施策です。

会員登録

顧客情報を取得し、自動でSales Cloudに連携させる

会員登録やメルマガ購読申請、Web入会された方をSalesforceに登録します。見込みの高いお客様なので、積極的にメールを送りましょう。



Webフォームを活用する

メルマガ登録フォーム

上記の施策を実現するには、基本的にWebフォーム(入力ページ)が必要になります。

電話や紙などの媒体で集めたお客様の情報を、Salesforceに手入力していくことも考えられますが、母数が多いと手が回りません。また、顧客情報取り扱い事故の原因にもなります。

そのため、フォームで取得した情報をそのままSalesforceに登録すると便利です。5つの実現方法を「Salesforceでフォームを作成する方法」でご紹介していますが、中でも「クライゼル/Salesforce連携サービス」は、高機能なフォームを簡単に作成できます。


Step2. メールを配信する

Salesforceから直接送る

メール配信のたびに、毎回Salesforce上の顧客データをダウンロードして配信システムにアップロードするのは手間がかかり、事故の原因にもなります。そこで、Salesforceの管理画面上から簡単な操作で文面作成・配信設定できる方法を2つご紹介します。

  • リストメール/一括メール機能
    Salesforceの標準機能です。リード/取引先責任者/個人取引先に対して、1日あたり5,000通まで配信できます。詳しくはSalesforceのヘルプをご確認ください。
  • Autobahn for AppExchange
    Salesforce専用のメール配信アプリです。配信通数の制限はなく、カスタムオブジェクト含めたすべてのオブジェクトに配信できます。高度な効果測定の機能も備わっており、マーケティングや営業、顧客管理など、幅広い用途で活用されています。

メール配信の流れ

メール配信と言うと「文面を作って送るだけ」というイメージがあるかもしれませんが、
本格的なメールマーケティングを行う場合は、配信ごとに以下のような手順を踏むと良いでしょう。

メール配信のイメージ画像
  • 1. 目的と目標を設定
  • 2. ターゲット選定
  • 3. 文面の全体像や盛り込むコンテンツを考案
  • 4. 文面作成
  • 5. リスト(抽出条件)作成
  • 6. 配信設定
  • 7. 効果測定

弊社トライコーンでは、こちらの一連の流れをトータルサポートしております。具体的には、メール配信アプリフォーム作成ツールの提供に加え、メールマーケティングの運用支援やレスポンシブHTMLメールのテンプレート制作など、多岐に渡ります。


Step3. 顧客の反応をキャッチする

開封・クリックを取得する


MA(マーケティングオートメーション)でなくても、配信結果を計測することができます

開封率やクリック率を取得することで、どのような件名・文面を送ると反応が多いかを分析できます。メールマーケティングのPDCAを回しましょう。ABテスト(配信対象を2分割し、ほぼ同じ文面を送って結果を見比べる分析手法)も有効です。

また、開封・クリックの履歴が多い人を優先して営業アプローチするといった施策も可能です。(いわゆる「スコアリング」という手法)

アンケートを取得する

NPSを実施し、回答内容を個人と紐づけることも可能です

満足度調査や顧客分析を実施し、サービス改善/マーケティングに活かしましょう。
Salesforceのレポート機能を使うと、集計が便利です。

配信停止を受け付ける

受信停止の申請窓口が必須です

メルマガの文面内に、配信停止(オプトアウト)の受け付け窓口を記載することは、法律で義務化されています。窓口の記載は、連絡先を明記するか、配信停止申請のURLを載せる必要があります。

その他メルマガで順守すべき法律に関しては、こちらの記事へ
メルマガで注意すべき特定電子メール法とは?法律違反を避ける方法

登録情報の更新を受け付ける

メアド変更や住所変更などを自動化し、業務効率化を図りましょう

顧客が自分のメールアドレスや住所などを変更する際に、毎回手動で手続きを行っていると、工数も事故リスクも増えます。

Webフォームから顧客が自分の登録情報を直接変更できるように設計し、安全かつ効率的に顧客管理しましょう。


まとめ

効率的にメールマーケティングを始めましょう!

トライコーンが提供する、Salesforceを活用したメールマーケティングの総合支援

Salesforceユーザは、フォーム作成ツールメール配信アプリを使うことで、簡単に顧客データを蓄積 → 有効活用できます。
今回ご紹介しました3つのステップ(配信対象を集める/メールを配信する/顧客の反応をキャッチする)に必要な機能を備えた、Salesforceと連携できるサービスを弊社は提供しております。

最後に

このサイトでは、メールマーケティングに限らず、Salesforceの活用方法を幅広くご紹介しております。