マーケティングオートメーション用語集

よくあるキーワードを予習しよう

さ行

顧客関係管理の略称であり、自社にとって売上に貢献する、または将来的に貢献する
顧客やリード(見込み客)を管理/育成し、ビジネスを拡大していくマネジメント手法のことです。

CRMに必要な、顧客やリードを管理し、メール等を配信して育成するためのシステムを「CRMシステム」と呼びます。 トライコーンでも、「CRMシステム」の販売を行っています。
詳しくはこちら
http://www.kreisel.bz/



クリック率の略称であり、メールマーケティングで配信を行った際に
総配信数を分母として、メール内のURLをクリックした配信対象者の割合のことです。

メールマーケティングにおける効果を測定する指標となります。
クリックされるということは、配信対象者はメール文面の内容に興味を持っていると定義できます。

HTMLメール、テキストメール両方で取得することができます。
なお、アメリカの2017年平均CTRは2%前半を推移しています。



コンバージョン率の略称であり、メールマーケティングにおいては配信を行った際に
総配信数を分母として、メール内のURLをクリックし、そこから購買に至った配信対象者の割合のことです。

メールマーケティングにおける効果を測定する指標となります。
クリックしそこから購買をする配信対象者にとって、メールは効果的な施策であったと定義できます。



リード(見込み客)の評価軸の一つで、リードが自社に対して
どの程度関心を持っているかを示します。

もう一つの評価軸である「グレーディング」が役職、会社の規模、立地などの属性情報から
「見込み客と商品・サービスがどれだけフィットしているのか」を評価するのに対し、
スコアリングはリードのアクティビティをもとにリードの関心度合いを評価することができます。

弊社が取り扱っているAutobahn for AppExchangeでも、スコアリング機能を利用できます。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/autobahn/



会員登録や資料ダウンロードなど、ある特定の受信者に対して
あらかじめ用意した複数のメール文面を設定したタイミングに沿って配信するメールのことです。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/imosss/email/step/



自社と直接関係を持たない外部の情報データのことです。
自社に興味を持つ顧客属性と類似したサードパーティデータを利用して
広告配信やその後のメッセージ配信を行えます。



自社のDMPにサードパーティデータを保管し、自社データと掛け合わせて様々な施策に活用できるよう連携することができます。



自社と関係のある企業やパブリッシャーから、売買などで直接的に入手するデータのことです。サードパーティデータよりも精度の高いデータを入手することができます。



自社のDMPにセカンドパーティデータを保管し、自社データと掛け合わせて様々な施策に活用できるよう連携することができます。
サードパーティデータよりも精度の高い施策が打てるようになります。



米国カリフォルニア州に本社を置く、CRMソリューションを中心とした
クラウドコンピューティング・サービスを提供する企業のことです。

CRM以外にも、マーケティングオートメーション、セールスオートメーション、
カスタマーサポートサービスに力を入れており、規模、業種業態を
一切問わないソリューションとして世界中の企業から高い評価を受けています。



Salesforceが提供するマーケティングオートメーションの1つです。

自社の保有する顧客情報や購買履歴、WEB行動ログ等のあらゆるデータを一元化し、
それらを利用してメールやLINEなどの配信を自動的に行うことができます。

またあるメールやLINEなどの配信に対して、顧客が取った行動(開封やURLクリック)ごとに、
次の配信を分岐させるなど、いわばカスタマージャーニー的な自動配信を行えることも特徴です。



Salesforceが提供するマーケティングオートメーションの1つです。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/pardot/



Salesforceが提供するCRM兼営業支援ツールのことです。

自社の保有する顧客やリード、取引先企業情報の保管や、商談の進行管理などを行うことが出来ます。



Sales Cloudにおいて、プログラムを書くことなく、自動化のプロセスを
作成できる機能のことです。

これによりデータの変更を行う動作を作成したり、変更後の営業マンへの通知を作成したりできます。



Sales Cloudにおいて、プログラムを書くことなくより簡易的に自動化プロセスのフローを作成、管理できる機能のことです。
これにより、あるデータが更新された際、自動的に何らかのアクションを呼び出すことができます。