マーケティングオートメーション用語集

よくあるキーワードを予習しよう

ら行

HTMLメールについて、様々なメーラーやデバイスから、開封した際の表示をオンライン上で確認できるサービスのことです。
HTMLメールは、メーラー(Gmail, Outlookなど)やデバイス(PC, スマートフォン、タブレット)によってその内容の表示が変化することがあります。

Litmusを利用することによって、メーラーやデバイスを用意せずとも
HTMLメールの表示を確認することができます。



広告やメールなどから遷移した際に、最初に訪問する自社サイトページのことです。
ランディングページの役割は、広告やメールを見て自社に興味を持った顧客を、
購買や自社へのお問合せなど何らかのアクションを取るよう施すことです。



主にB2Bで扱われる「見込み客の情報」のことです。
Webサイトの訪問者、展示会の名刺情報など様々です。
リードに向けてマーケティング活動を行い、売上に貢献する顧客として育てることが
B2Bマーケターの1つの目標となります。



リードを獲得することです。
一般的なリードジェネレーション手法として、展示会に出展して自社に興味がありそうな
個人/企業の名刺を獲得したり、自社Webサイトでキャンペーンを打ち出し、登録フォームを使用してリードを取得したりすることがあります。

詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/solutions/keywords/keyword-lead-generation.html



リードジェネレーションで獲得したリードに対して、自社に興味を持ってもらい
購買や契約に至るよう育成することです。
一般的なリードナーチャリング手法として、リードに対してメールマガジンなどで自社商品やサービスの
啓蒙をしたり、リードと直接説明を行い購買や契約に持っていったりすることがあります。

詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/solutions/keywords/keyword-what-is-leadnurturing.html



リードジェネレーションを行う中で、自社商品やサービスに対して特に高い興味を示し、支払い能力や購買決定権があるリードを分類することです。
リードクォリファイを行うことで、確度の高いリードを発見し、より効率的なマーケティング活動が行えます。



自社と接点を持っている既存顧客向けにメールを打つことで、
既存顧客との良好な関係性の構築を図り、購入率の維持/拡大を目指すメール施策のことです。

トライコーンではリターゲティングメールの運用支援や、必要なコンテンツの制作を行っています。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/solutions/keywords/keyword-email-retargeting.html



1ソースで効率よくPCとスマートフォンに最適化されたHTMLメールを作成できる手法のことです。

昨今人々は、PCやスマートフォンを筆頭に様々なデバイスからメールを閲覧します。
通常のHTMLでは、すべてのデバイスに最適化された表示ができません。
レスポンシブHTMLメールは、それぞれのデバイスを使用した顧客にとって
最適なメールを表示する手法として注目されています。

トライコーンではレスポンシブHTMLメールの制作を行っています。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/solutions/keywords/keyword-email-responsive.html



メールマーケティングにおけるレンダリングとは、GmailやOutlookなどのメーラー、PCやスマートフォンなど端末別に表示状況を確認することです。
レンダリング機能を使用することで、受信環境ごとのテストを簡単に実施できます。

弊社が取り扱っているマーケティングオートメーション”Pardot”でも、レンダリング機能を利用できます。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/pardot/faq/pd-function-email-test.html