リターゲティングメールとは?

低コストで売上を向上させる方法

売上向上の原石は「既存顧客」にあった!

リターゲティングメールの重要性

マーケティングといえば、新規顧客の獲得が最初に思い浮かぶかもしれません。しかし、成熟しつつある日本の市場では、新規の顧客を取る広告コストの上昇だけでなく、離反率も上昇しています。

そこで、既存顧客へのアプローチ(囲い込み/リピート施策など)が重要視されてきています。頑張って潜在層を掘り起こすよりも、"一度接触してくれたお客様"の方が見込みが高いというのは、容易に想像できるかと思います。

中でもリターゲティングメール(顧客の関係維持や向上を図るメール施策)を運用すると、顧客の反応を大幅に促進できることが確認されています。通常のメール配信と比べても、クリック率や購買率が高い傾向にあります。

CVRが20倍に!?

代表的な施策として、下記の2つがあります。


休眠呼び起こしメール

直近の購入がなく、"離反"する可能性が高い顧客に対して、メールでフォローします。


某大手アパレルECサイトの事例

  • 休眠顧客(1年以上未購入)に対して呼び起こしメール施策を実施した。
    その結果12%の掘り起しに成功した。送信数に対するコンバージョン数で見ると、CVRが3倍増加した。

ページアクションメール

ECカートの商品放置などに対して、フォローメールを送ります。


某大手化粧品会社様の事例(弊社クライアント)

  • ECサイトにて"商品をカートに入れたが購入まで至らなかった"顧客に対して、リマインド施策を実施した。
    商品が再認知されるだけでなく、CVRが20倍増加した。

顧客関係の向上施策を行うために

上記「リターゲティングメール」施策のような効果的な施策には、下記の要素が必要です。


  • 顧客情報やWeb情報を管理・活用できること
    顧客の反応を得るには、「どれだけ顧客のことを知っているか」という点がスタートです。
    そのためには、顧客のタイムリーな情報・行動を取得する必要があります。
    >>Salesforceから直接メールを自動配信できるアプリはこちら

  • 適切なコンテンツ
    顧客の反応を得るには、注意すべきポイントがたくさんあります。例えば、顧客が使うデバイスで見やすく表示されるか?デザインは魅力的か?そもそもターゲットやタイミングが適切か?...など
    >>レスポンシブHTMLメールについてはこちら