会員制サイトを作って
Salesforceに連携させる方法

効率的な顧客管理のWeb施策とは

はじめに

会員制サイトとは

会員顧客 イメージ画像

会員登録した方だけがログインできるページです。会員制サイトに限定コンテンツ(クーポンや資料など)を掲載することで、顧客との関係構築に活用したり、会員費用をいただいたりできます。その他に、パートナーや従業員などの情報をリアルタイムで管理する手段としても使われています。

会員制サイトはオフライン制の会員とは異なり、受け付けた会員情報を手動でSalesforceに入力する必要はありません。専用のツールで構築すれば、登録・変更の手続きをWebで受け付け、ユーザが入力した情報をそのままSalesforceに反映させることができます。さらに、メールアドレスなどをユニークキーとして、顧客データの重複登録を自動で防ぐことも可能です。

コミュニティサイトとの違い

コミュニティ イメージ画像

「会員制サイト」と「コミュニティサイト」は異なります。(明確な言葉の定義はありませんが、当ページでは別物として扱います。)

例えば、Salesforceと連携可能なコミュニティサイト制作サービス「Experience Cloud(旧称Community Cloud)」は、特定のコミュニティに所属するユーザに対して"情報共有の場"を提供するのに適しています。具体的には、特定のサービスを利用している顧客やパートナーなどが、Webサイト上から管理者にお問い合わせをしたり、その記録をお互いに確認したりできます。ログイン可能なユーザのアカウントは管理者側が発行します。

一方「会員制サイト」では、ユーザが自ら会員情報を登録・更新する運用に特化しています。今回は会員制サイトについて解説します。

Salesforce×会員制サイト

実現方法

会員制サイトやWebフォームを作成できるサービス「クライゼル」を使った実現方法をご紹介します。クライゼルでは、専門知識が無い方でも高機能なフォームを簡単に作成できます。Salesforceとの連携も容易です。そのフォームを使ってユーザ(会員)は、自身で登録情報を入力・更新できます。

クライゼルで作った会員制サイトから、ユーザはまず自身のIDとパスワードを入力してログインし、限定のコンテンツやクーポンを閲覧したり、「マイページ」からご自身の登録情報を確認したりできます。

全体像

運用の全体イメージ

こちらの図のようなイメージで、会員サイトを運用します。(あくまで簡略化したイメージです。)
登録処理も更新処理も自動で実行されるため、一度構築してしまえば手作業でSalesforceにデータ連携させる必要はありません。
またこれ以外にも、クライゼルからメルマガを配信したり、アンケートフォームを作ってSalesforceに連携させたりすることも可能です。

実際の手順

作業のイメージ

このような運用は、以下の4ステップで実現することができます。
以降にてそれぞれ解説していますが、詳細については弊社にお問い合わせください。

  1. 1サイトを作る
  2. 2フォームを作る
  3. 3Salesforceに連携させる
  4. 4サイト公開

1.サイトを作る

マイページ イメージ画像

まずは会員制サイトの本体を作ります。ログインページからマイページ、会員限定コンテンツなどを組み立てていきます。

クライゼルの管理画面からボタン操作でデザインすることも可能ですが、HTMLやCSSを使ってコーディングする方が自由度は高いです。(弊社トライコーンは、会員制サイトやレスポンシブHTMLフォームの制作代行サービスを提供しております。)

2.フォームを作る

フォーム イメージ画像

ユーザに登録してもらいたい内容(Salesforceで管理する個人情報)に合わせて、フォームを作成します。テキストやメールアドレス、電話番号、チェックボックスなどの質問項目を指定し、公開設定・自動返信メールなどの機能から必要なものを設定します。

フォームの作り方は、専門知識が無い方でも簡単に作成できるタイプと、HTML等でフルカスタマイズするタイプからお選びいただけます。また、登録・更新用のフォーム以外にも、パスワード再発行用のフォームなども作成可能です。

3.Salesforceに連携させる

Salesforceへの連携もカンタン

クライゼルで作成したフォームは、「Salesforce連携サービス」で貴社Salesforceにデータ連携できるようになります。登録用のフォームも更新用のフォームも、1度設定してしまえば後は自動でリアルタイムに連携されます。

マニュアルに従って設定いただく形ですが、こちらも専門知識は必要なく、専用のツールから簡単に操作できます。

4.サイト公開

ログイン画面 イメージ画像

パートナーや従業員など、メールアドレスを既に把握している方が対象のサイトであれば、対象者の情報をクライゼルに一括アップロード(=会員登録)して、そこから一斉にメールで周知できます。

新規顧客向けの会員であれば、Webマーケティングなどで地道に集客して、まずはフォームから会員登録してもらいましょう。

さらなる有効活用

クライゼルは、会員サイトやフォームの制作以外にも、例えば以下の用途で幅広く活用できます。