マーケティングオートメーション用語集

よくあるキーワードを予習しよう

た行

データマネジメントプラットフォームの略称で、様々なサーバから
蓄積されたデータを一元管理できるシステムのことです。
一元管理した各種データを分析したり、配信ツールを通じて
広告配信やメッセージ配信できたりと、幅広い分野で有効活用が可能になります。

効果的な活用には、企業側のデータ整備が必要になります。



自社ホームページに訪れたユーザの個人情報を含む
様々な情報を収集するためのフォームのことです。

メールマガジンの会員登録フォームや、キャンペーン時のアンケートフォームなどが該当します。
マーケティングオートメーションでは、標準で登録フォームを作成できる機能が付いています。



特定のユーザが、自社サイト内でどのページを閲覧しているのかを追跡したり、1ページの閲覧時間を測定したりと、自社サイトの行動を分析することです。

行動を分析することで、自社サイトのどのページを閲覧して商品を購買したかがわかったり、逆にどのページからサイトを離脱してしまったかがわかったりと、自社ユーザの行動特定だけでなく 自社サイトの見直しにも役立ちます。

弊社が取り扱っているマーケティングオートメーション”Pardot”でも、トラッキング機能を利用できます。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/pardot/faq/pd-function-web-tracking.html



見込み客に次のアクションを起こさせるようなプロモーション施策のことです。

例えばメールの文面後に「資料ダウンロードはこちら」を記載することで
自社サービス資料のダウンロードを施したり、サービスに一定の興味を持った見込み客に
「価格などの詳細はこちらからからお問合せください」などで問い合わせを施したりすることができます。