マーケティングオートメーション用語集

よくあるキーワードを予習しよう

か行

Googleが提供する広告出稿サービスのことです。
クリック課金の広告を、Googleの検索結果や
Googleと提携しているWebサイト/ブログに掲載することができます。
また専用のタグを埋め込むことで、広告コンバージョンの測定が行えます。



Googleが提供するアクセス解析ツールのことです。
専用のタグを埋め込むことで、登録したサイトを解析し、
ページ閲覧などの行動データがわかるようになります。



Googleが提供するタグ管理ツールです。
様々なツールで使用しているタグを一括で管理することができます。
また専用のタグを埋め込み、Googleタグマネージャに他サイトに発行された
タグを登録することで、 Googleタグマネージャ管理内で
登録したタグの変更や更新を行えます。



メールマーケティングで配信を行った際に、総配信数を分母として
メールの内容を閲覧した配信対象者の割合のことです。
メールマーケティングにおける効果を測定する指標となります。
開封率が取得できるのは、実質HTMLメールのみです。テキストメールでは原則取得できません。

なお、アメリカの2017年平均開封率は20%前半を推移しています。



顧客の購買決定にいたるまでの
一連の行動や感情・意思の移り変わりを可視化したものです。
すべての顧客行動を可視化することで、
どの行動が購買決定に大きく影響しているかを割り出します。

現在ではカスタマージャーニーをメール施策に落とし込んだものが出ております。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/solutions/keywords/keyword-email-customer-journey



Webブラウザを通じて、コンピュータ側でユーザのデータを一時的に保存する仕組みのことです。
クッキーで保存される情報には、サイトの訪問日時や、入力したアドレス/パスワードなどの個人を特定しうる情報も含まれています。
クッキーを使用することで、ユーザにとって再度入力する手間を省ける利便性が得られる反面、
自身の個人情報と紐付けられる危険性もあります。



インターネットなどのネットワークに接続されたサーバが提供するネットワークシステムのことです。
従来は手元のパソコン上にあるソフトウェアやデータのみを利用していましたが、
ネットワークを経由して様々なシステムを利用できるようになりました。

ユーザがサーバの所在地や詳細を知らずに利用することから、
地上から雲の中にある見えないサーバを利用することを比喩として、クラウドシステムと呼ばれるようになりました。



リード(見込み客)の評価軸の一つで、自社がリードに対して
どの程度関心を持つ必要があるのかを示します。

もう一つの評価軸である「スコアリング」がアクティビティをもとに
見込み客の関心度合いを評価するのに対し、
グレーディングはリードの役職、会社の規模、立地などの属性情報から
「リードと商品・サービスがどれだけフィットしているのか」を評価することができます。

弊社が取り扱っているマーケティングオートメーション”Pardot”でも、グレーディング機能を利用できます。
詳しくはこちら
http://apex.tricorn.net/products/pardot/faq/pd-function-grading.html



あるリード(見込み客)に対して、リードにとって有益となる内容や気に入るデザインを制作し、
配信することで対象者の興味を促進させていき、購買行動まで繋げるマーケティングのことです。

リードとの関係性の向上だけでなく、マーケティングからの購買促進を目指します。