Pardotとは

Salesforceとつながる、マーケティングオートメーションツール

Pardotとは

マーケティングを自動化

Pardot(パードット)とは、セールスフォースドットコムが提供するMA(マーケティングオートメーションツール)です。

MAは、マーケティング活動に必要なWebトラッキング、ランディングページ制作、エントリーフォーム制作、メール配信などの機能を備えています。また、マーケティングの結果をリアルタイムにレポーティングすることができるので、PDCAサイクルを効率的に回すことが可能です。

他にはない強み

MAには多くの機能がありますが、最終的には「売上げ」につなげることがマーケティングのゴールです。Pardotの一番の強みは、ただの機能としてのMAにとどまらずに、その後のセールス活動につなげられる点にあります。

セールスフォース・ドットコムが提供する純正のサービスですので、SFAへの連携が特にスムーズに設計されています。例えば、リードの行動や関心具合を、営業担当にスムーズに共有する機能が備わっています。今までにない程に、マーケティングとセールスの間での情報共有を活性化させ、そのスピードを最速化させることができます。



リードのとの接点を生み出せる!


ライフサイクルでマーケティングのKPIを可視化

BtoB向けに好まれる理由

昨今のBtoB商談においてリードは、問い合わせをする前に、他社サイトも含む様々なWebの記事や口コミを確認する傾向にあります。そのため、購買プロセスが長期に渡り、営業アプローチが必要になってきます。

「誰が/いつ/どのページを/どのくらい見たのか」を可視化できれば、最適なタイミングで最適なアプローチをすることができるわけですが、Pardotではそれが可能です。リードのWebサイトでの閲覧履歴や、自社サイトでの行動状況が全て確認できるため、営業のアプローチポイントを簡単に見つけ出すことができます。

BtoCでの活用も

BtoCの業種であっても、高級商材(車や住宅、高級旅行など)ではリードのWeb上の動きを把握しておくことが大切です。検討期間が長く、他社のサービス検討している可能性が高いからです。

とはいえ現実問題、限られた営業スタッフで、多くのリードから的を絞って営業活動をしなければいけません。Pardotでは、営業マンの経験値だけでなく、スコア(どれくらいサイトを閲覧したか)やプロファイル(予算がどれくらいありそうか)に基づいて営業の優先順位付けができます。

さらに、BtoCの業界は特に動きが速いため、リアルタイム性が重要です。Pardotでは、リードが特定のページ(料金表や外部サイトなど)を見た時点で担当営業にメールを飛ばすことが可能です。

機能紹介

Pardotには、マーケティングに必要な機能が備わっています。業務にあった最適な機能を選択して、効果を最大限に活かしていきましょう。


メール配信

メールマーケティングに必要な「リストからの一括配信」や、「メールの開封/クリックを計測する機能」、「メール文面を作成するためのHTMLメールエディタ機能」が充実しています。それだけでなく「メールのABテスト機能」や、「パーソナライズ機能」、「シナリオメール機能」も簡単に行えるように実装されています。

特に「メールのレンダリング機能」では、PC向けのメールソフトとなるOutlookやApple Mail、Yahoo! Mailでの表示状況、モバイル向けとなるAndroid、iPhoneでの表示状況を確認する ことができます。これによって受信環境ごとのテストを簡単に実施できます。

フォーム、ランディングページ制作

テンプレートから簡単に作成できます。フォームの項目設定もドラッグ&ドロップで変更できます。

なお、自社サイトに合わせてフォームをHTMLで制作する場合は、Pardot以外のフォームからデータを取りこむ「フォームハンドラー」という機能で「クライゼル」と連携することをお勧めします。ちなみにクライゼルは、Pardotを介さずに、フォームから登録されたデータをSalesforceと直接連携させることも可能です。

トラッキング

リードのWeb上の動きを知り、「誰が/何に/どのくらい興味があるのか」を把握します。

事前にトラッキングコードを埋め込んでおくだけで、リード毎のWebページの閲覧状況をリアルタイムで確認できます(フォームでのコンバージョンが必要)。Webでの行動1つ1つに任意の点数を付与すること(スコアリング)ができ、誰がどの程度自社のサービスに興味があるのかを数値で確認することが可能です。点数に応じて、営業担当のアサインや社内通知もできます。

マーケティングの観点では、"リードがどのような経路をたどってフォーム登録に至ったのか"を確認することができるため、強化すべきコンテンツの内容やページ構成の問題なども割り出すことができます。

レポーティング

充実したレポート画面で、マーケティングのROIをしっかり可視化できます。
メールの開封/クリック状況だけなく、受信しているメールソフトの環境やエラーメールの理由もグラフで確認可能です。

ランディングページのビューやフォームからのコンバージョンも簡単にグラフ化できます。フォームの送信エラーになった数も分かるため、問題となっている箇所にピンポイントで改善/対策をうつことができます。

サービス連携

Pardot単体の機能だけでなく、他社が提供する既存ツールとの連携も可能となります。
特に広告連動やソーシャルサービスとの連携は、開発することなく連携できることは大きなメリットです。


Pardotを検討するにあたって

効果を最大化させる方法

多機能になるからといって、ゴールを明確化する前にツールを導入すると、コストや運用上の問題が発生する可能性があります。"機能"に業務を当てはめるのではなく、"目的"や"運用フロー"に合ったツールの活用方法を検討していきましょう。

※単純に「フォームから顧客データをSalesforceに取り込みたい」であったり、「Salesforceからメールを配信したい」ということであれば、専用のツールが適している可能性もあります。


潜在顧客を見つけ出す!

いかに自社のコンテンツに来てもらったところで、関心をもってもらえなければ、意味がありません。また、どんなにいいコンテンツが揃っていても問合せするフォームが複雑では問い合わせをしてもらえません。

リードが問い合わせをするまでにある様々な壁をひとつひとつ取り除くために、原因となるページや項目を特定してスピーディーに対応することで埋もれてしまっていた潜在顧客を確実に取り込みます。

リードの関心を高める!

集めたリードを商談へとつなげていくには、単純なメールなどでの情報発信だけでは効果は上がりません。効果を上げるためには「適切なタイミング」に「ターゲットにあったコンテンツ」を配信し、パーソナライズ化することが重要です。

Pardotのシナリオメール機能なら、定期的なフォローアップとリードの反応に応じたコンテンツ提供をすることで、ひとりひとりに最適なアプローチを実現できます。

リードを営業へ引き渡す!

Pardotでは、マーケティングで育てた有力なリードを営業担当に引き渡していく運用を想定しています。

営業担当は、リードの評価と活動状況を見ながらアプローチをしていきます。確度の低い状態であれば、再度マーケティングリストに戻すこともできますので、常に精度の高いリードリストに対して営業活動することができます。


Pardotの導入について

Pardotの費用について


Standard Edtion
Pro Edtion
Unlimited Edtion
初期費用 なし なし なし
月次費用 120,000円(税抜)/月
メールアドレス数最大 10,000 (*)
年間契約
240,000円(税抜)/月
メールアドレス数最大 10,000 (*)
年間契約
360,000円(税抜)/月
メールアドレス数最大 10,000 (*)
年間契約
機能 詳細な見込み客追跡
リード育成と E メールマーケティング
リードのスコア付けとグレード付け
ROI レポート機能
リアルタイムのアラート
フォームとランディングページ
標準の CRM 連携 (**)
Standard Editionに加えて、
高度なメール分析
メールのレンダリングプレビュー
メールのSPAM分析
メールの A/B テスト
ランディングページの A/B テスト
高度な動的コンテンツ
Google AdWords 連携
API アクセス - 最大 25,000 コール/日
マーケティングカレンダーの連携
ソーシャルプロファイル
Pro Editionに加えて、
カスタムユーザーロール
カスタムオブジェクトの連携
API アクセス - 最大 100,000 コール/日
専用 IP アドレス

(*) メールアドレス数:10,000件追加毎に月額12,000円(税別)の追加費用がかかります。
(**) Sales Cloud (Professional Edition、Enterprise Edition、Unlimited Edition)とシームレスに接続できます。