ステップメールとは?

特定の顧客に、最適なメールを送る方法

顧客が求めるタイミングで、最適なメールを順々に送りましょう

画一的なメールマガジンでは長期的な成果は出辛い

現在マーケターの皆様の中に、メールマガジンの配信を行っている方もいらっしゃるかと存じます。
メールマガジンは一定のCTR/CVRが期待できますが、画一的なメール配信では月日が経つにつれて顧客からの反応が薄くなり、成果も出辛くなってきます。

メールマガジンの大きなデメリットに、対象顧客に対して同様のメール内容を
送ることしかできないことがあります。

また基本的には配信するコンテンツもバラバラであり、配信ごとの関連性が薄い傾向にあります。

長い目で見ると、顧客によっては送られてきた内容が顧客自身にとって不要なものである場合、次から送られてくるメールをそもそも読まなくなったり、迷惑メールに入れてしまったりしてしまう可能性があります。
その結果メールマガジンの成果が次第に出にくくなってしまいます。



適切な内容を適切なタイミングで配信するステップメール

ステップメールとは、会員登録や資料ダウンロードなど、ある特定の受信者に対してあらかじめ
用意した複数のメール文面を、設定したタイミングに沿って配信するメールを指し ます。

通常のメールマガジンと異なり、ある特定の顧客に対して、顧客に必要な
メールコンテンツを適切なタイミングで配信を行うことができます。

顧客にとって関連性の高い配信を行うことで、顧客との関係性向上、自社商品やサービスの購入促進を効率良く行うことができます。


クリックすると拡大できます

ステップメール活用事例

トライコーンのクライアント様が行った、ステップメールの活用事例をご紹介いたします。


商品購入後フォローメール(B2C向け、関係構築/次回購入促進効果)

  • 弊社クライアントの某大手食品メーカー

【課題】

実施されている「健康サプリメント」のインターネット販売において、
本商品購入前に、試用品を安価に購入できるような施策を行っていた。
しかし試用品を購入された顧客から本商品購入への転換率が悪かった。


【解決策/効果】

試用品を購入された顧客に対して、週1回の頻度で商品愛用者の口コミや
健康品としてのメリットを順次自動配信した。
その結果、試用品購入顧客の本商品購入への転換率約15%向上した。

サービス検討フォローメール(B2B向け、関係構築/導入促進効果

  • 弊社クライアントの某大手電化製品メーカー

【課題】

検討開始から導入決定前までの見込み客に対して、営業マンが定期的なフォローを行なっていた。
しかし見込み客の数が多いことから、工数の増加が課題となっていた。


【解決策/効果】

検討開始した見込み客に対して、導入促進を目的としたステップメールを配信した。
営業マンの業務効率化だけではなく、導入までの検討期間を短くした。


クリックすると拡大できます

ステップメールを実現するためには

上記「ステップメール」施策を実現するためには、下記要素が必要です。


  • 配信対象者の選定
    どのような対象に向けて、どのような内容とタイミングが適切であるかを考える必要があります。
    重要なのは、購買を訴求させる内容であったり、極端な営業話であったりと、
    企業都合の配信ばかりを行わないことです。
    最初は信頼性を構築するために顧客にとってメリットとなる配信を行い、3通に1回ほどの頻度で
    訴求のためのメールを行うことをオススメします。
  • 一連の配信を自動化できるシステム
    「ステップメール」施策をすべて手動で行うのは、大変工数がかかります。
    必要なデータ、コンテンツの保管や、一連の配信を自動化できるシステムが必要です。
  • 最適なコンテンツの制作
    ステップメールに必要なメールコンテンツを制作する必要があります。


ステップメールの実現はトライコーンにお任せください

トライコーンは「ステップメール」施策の運用支援を含む、
包括的なデジタルマーケティングソリューションを提供しています。


ーケティングの運用支援

トライコーンは1997年の創業から、主にメールに関するお客様のマーケティング活動を
支援してきました。その後、グループ会社であるセプテーニと連携して、
広告から顧客管理システムまで、幅広いマーケティング運用実績がございます。


リエイティブの制作支援

トライコーンは創業から、メール制作、フォーム制作をはじめとした
クリエイティブについて、1000社以上の制作を行って参りました。
それらのノウハウを最大限に活かし、状況にあったデザインやコンテンツを制作いたします。


ステムの運用支援

トライコーンにはマーケティングオートメーションシステムの資格所持者が多数在籍しています。
また他社へマーケティングオートメーションシステムを提供しているだけでなく、自社マーケティングでも活用しており、日々PDCAを回しながらノウハウの蓄積を行っています。