レスポンシブHTMLメールとは?

PC/スマートフォン両方に対応するHTMLメールを作成する方法

顧客が閲覧しているデバイスに最適なメールを送ろう

顧客ごとのデバイスにあったメールが求められている

昨今、HTMLメールにてメールマガジンを送られている企業様も多くなってきています。
また現在テキスト形式でしか送っていなく、HTMLメールを検討していらっしゃるマーケターも
いらっしゃるかと存じます。

しかし多くの企業様は、PC用のHTMLメールを送られています。
スマートフォンが普及した中、スマートフォンで閲覧する顧客に対してPC用のHTMLメールを送ると、
視認性・可読性・操作性の観点で様々なストレスを与えてしまいます。



クリックすると拡大できます


レスポンシブHTMLメールで効率的にPC/スマートフォンの両対応を実現

メールを受け取る顧客、PC/スマートフォンなど閲覧するデバイスが様々であり、
上記のように顧客ごと適切なメールを送らないと、顧客にストレスを与えてしまいます。

ただ通常のHTMLでは、各デバイスごとにメールソースを制作する必要があります。
これではコストも工数も大幅にかかってしまい、あまり現実的ではありません。

そこで、1つのメールソースで、各デバイスに最適なサイズとレイアウトで表示できる
レスポンシブHTMLメールという手法があります。

こちらの手法を使用することにより、デバイスごとに画像・文字のサイズが可変し、
視認性・可読性・操作性が大幅に向上します。

顧客にとって見やすいメールを制作することで、顧客体験の向上のみならず
クリック率の向上が見込めます。


クリックすると拡大できます


レスポンシブHTMLメールに変えたことで、PC/スマートフォン共にCTRが約3倍増加

弊社クライアントの某アパレルメーカー様

【課題】

テキストメールで送っていたが、ある時期からCTRが低迷していた。
メール経由だとクリックされないと、その先の購買まで至らないのでかなり困っていた。


【解決策/効果】

顧客にはPCでメールを読む人も、スマートフォンで読む人もいたので、レスポンシブHTMLの雛形を制作してもらいそれでメールを送った。
結果テキストメールの時と比べ、CTRが約3倍ほど増加した。
今ではレスポンシブHTMLメールを中心に送っている。

レスポンシブHTML制作における難しさ

  • メーラーごとに実装状況にかなりの差が出る
    レスポンシブHTMLを制作する時、気をつけなければいけない点があります。
    それはデバイスだけでなくメーラーによっても表示が異なってくることです。
    これによりあるメーラーでは正しく表示されていても、他のメーラーでレイアウトが崩れている場合があります。

    多くの顧客の環境に正しく表示されるようなメールを制作しようとすると、一筋縄には行きません。
    特にGmailやOutlookなどのWebメーラーへの対応は、大変な思いをしたマーケターもいらっしゃるかもしれません。

    しかし、現在のマーケティング環境では、レスポンシブ対応は急務と考える企業様は多いです。
    そのため自社で対応が難しい場合、アウトソースする企業様は増えております。


レスポンシブHTMLメール制作はトライコーンにお任せください

レスポンシブ対応を行っても、各メーラーへの対応は経験値がないとレイアウトが崩れ、
正しい表示ができないことがあります。

トライコーンでは、長年の実績から、レイアウト崩れをしないためのノウハウや知識があり、
顧客へ最適な形でメールをお送りしています。

また、画像制作やHTMLメールのコーディングだけでなく、制作後の各種端末、メールソフトでの検証を十分に行うため、メールを製作する貴社スタッフの工数削減へと繋がります。

その他効果を出すために、開封率向上を目指した件名やファーストビューのご提案や、クリック率向上を目指した画像の製作やABテストのお手伝いを行っています。


クリックすると拡大できます