マーケティングオートメーション用語集

よくあるキーワードを予習しよう

あ行

Salesforce社が提供するアプリケーションストアのことです。
営業からサービス、ERP 向けまで、あらゆる業種/業務のアプリケーションを
Salesforce社のサービスにインストールすることで、機能拡張が実現できます。



アカウントベースド マーケティングの略称。
ターゲットとする企業・団体を明確化したうえで、
そのニーズに焦点を絞って自社の営業やマーケティング活動を展開する手法です。



メールやサイトページなどの一部分を2パターン用意し、特定の期間ユーザに表示させることで
どちらがより高い成果を出せるかを検証することです。
メールマーケティングでは主に件名や配信日時、メール本文を比較します。



メールの文字サイズや色を変更できたり、画像や音声を使用できたりするメール形式のことです。
文字だけのテキストメールと比べて、視覚的に読みやすく直感的にメール内容が伝わります。
これによりメールのCTRを高める効果が見込めます。



ライフタイム バリューの略称。
顧客が自社に対して、取引を始めてから取引を終えるまでの
期間を通してもたらす利益のことです。
LTVを算出することで、顧客獲得に対して必要な獲得コストの上限値を決めることができます。



リターン オン インベストメントの略称。
「投資対効果」を見るための指標の1つで
投下した資本に対して得られる利益の割合を示します。
マーケティングでは、キャンペーンやプロモーションで
かかった費用に対して得られる利益となります。



検索エンジン最適化の略称であり、自社サイトが検索エンジンの検索結果の
上位に表示させるために、サイト構成を改善/更新する施策のことです。

広告と異なりアクセスを獲得することに費用がかからないため、
企業にとって必須の取り組みであることがほとんどです。



売り手から見込み客に対してマーケティング活動を行うことです。
広告の出稿、展示会や営業電話などが上記にあたります。
短期間で成果が見込めますが、その分見込み客にアプローチするために膨大なコストがかかります。



見込み客から売り手に対して問い合わせなどのアクションを行うよう
働きかけるマーケティング活動を行うことです。
自社ホームページ、セミナーやSNSなどで有益な情報を与えることで、
低予算で継続的な成果が見込めます。



メールマーケティングで配信を行った際に、総配信数を分母として
メール配信が不達となったメールの割合のことです。
エラー率が高すぎると、メール配信で使用していたドメインがBlacklistに登録され
メール配信ができなくなってしまいます。
エラー率の基準は一概には言えませんが、7~10%を超え続けてしまうと危険だと言われています。

なお、アメリカの2017年平均エラー率は1%前後を推移しています。