03-6863-5638

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションが好まれる理由がある。






顧客の行動を理解して、マーケティングを見直しましょう。

マーケティングオートメーションなら、いま抱えている悩みが解決できます!

マーケティングの質が変わり始めています!

まず、マーケティングオートメーションを理解する。

最初に、なぜマーケティングオートメーションツールが注目を浴びているのかを理解する必要があります。
マーケティングオートメーションは、アメリカから発祥したマーケティング思想となり、年々その市場を拡大してきています。 日本への上陸は2014年といわれ、ツール自体の多機能さと"オートメーション"という言葉が響き、日本の企業でも導入されるようになりました。

国内では、Salesforceと連携した「Pardot」や、「Marketing Cloud」と始め、「Marketo」、「HubSpot」が注目を浴びています。


マーケティングオートメーションツールで何ができるのか?

マーケティングオートメーションツールは、IT技術を集結させたツールとなり、マーケティングで必須となる機能が備わっています。
機能としては、Webページでのトラッキング、ランディングページの作成、エントリーフォームの作成、メール配信はもちろん、 ソーシャルサービスとの連携機能や、SEOや広告の管理機能まで備わっています。

また、効果測定の面では、リード履歴やライフサイクルを可視化させて、関心具合をスコアリングすることができます。
これによって、リードひとりひとりが過去にどのようなコンテンツをみていて、いまどれくらいの関心があるのかを瞬時に見つけ出せるようになります。 逆にせっかくのリードがなぜ商談につながらないのか、といった課題となっているポイントを見つけることにもつなげることができます。 従来であれば、複数のツールをまたがり、何十時間もかけて行っていたコンテンツの作成やデータの分析/解析が、ひとつのツールで簡単にリアルタイムに 行えることでマーケティングのPDCAをできるだけ早く正確に回すことができます。

このようにマーケティングオートメーションツールは、いままでの運用を見直して無駄を削除し、本来のマーケティング業務となるデータ分析や コンテンツ改善に時間を割くことができるマーケティングプラットフォームを提供してくれるツールになっています。



充実したマーケティング機能がある! シンプルな運用が実現できます!

充実したマーケティング機能

リードの行動履歴をスコアリングする! ライフサイクルを可視化!

リードの行動履歴をスコアリング

ほしいターゲットを見逃さない! PDCAの最速化できます!

PDCAの最速化


充実したマーケティングオートメーション機能を使いこなす!

従来のマーケティングツールは、Webトラッキングやメール配信、ソーシャルメディア配信といったようにチャネルごとに機能で分かれているのが一般的でした。
そのため、それぞれが独立してデータを管理していて、ひとりのリードに紐づいた行動履歴や関心度を測るのは困難な状態となり、 ツール間でのデータ移行やエクセルでのデータマッピング、個別でAPI開発などをして実装していたのではないでしょうか。

マーケティングオートメーションツールでは、そんな手間を省き1つのツールでマーケティングに必要な機能をほとんど備えています。 また、マーケティングオートメーションツールではAPIを公開していることが多く、ツール間の連携も可能になります。 これによって、顧客データが分散したり、既存のシステムからの移行も簡単になってきています。


マーケティングオートメーションが実装する主な機能

何か自動化(オートメーション)されるのか?

「マーケティングオートメーション」という言葉から面倒なマーケティングの運用を何でも自動化してくれて、業務が楽になるように 捉われることがあります。しかしながら、実際の運用は少し異なります。
マーケティングオートメーションツールを導入したからといって、Webのサイトを自動でSEO対策してくれるわけではありません。 メールのコンテンツのデザインを自動で調整してくれるわけではありません。

マーケティングオートメーションツールが自動化するのは、事前に設計書に描いたシナリオに基づいたマーケティング業務のみです。 設計書となるシナリオは今まで通りにリードの動向を見ながらマーケティング担当者が作っていく必要があります。

つまり、マーケティングオートメーションが自動化してくれるのは、以下の通りとなります。

  • 単純なルーティンワークの自動化
  • フォーマットに基づいたシナリオ処理(メール配信、リスト作成、項目の更新など)
  • ログデータの集計や、レポーティング処理

マーケティングオートメーションツール導入の一番のメリットは人的なミスや、処理の時間が短縮化できることにあります。 ここで短縮された時間が次回のマーケティング施策を練る時間になります。
また、単純なルーティンワークやログデータの集計が自動化されることで、今まで以上のスピード感でマーケティングの PDCAを回すことができるようになります。

「自動化」という言葉から、少し誤解を招く部分もありますが、導入をすれば大きくマーケティング効果を上げる後押しになることは間違いありません。



ひとりひとりに応じた、最適なマーケティング活動を

今までのマーケティング活動では、一定のセグメントはするものの、個人を特定する情報が少ない状態でした。
マーケティングオートメーションツールでは、「誰が」という個人の属性や活動に紐づけて履歴を管理でき、配信するコンテンツを変えることができます。


コンテンツをパーソナライズできます

旧来のメールマーケティングのように同じコンテンツを大量に配信し続ける時代は変わろうとしています。 また、属性に応じたセグメントだけでは、ターゲットへの訴求効率が低くなっています。

いまの時代に求められているのはリードひとりひとりに最適化されたコンテンツの提供です。
マーケティングオートメーションツールでは、「属性に基づくプロファイリング」に加え、
「Web上の行動に基づくスコアリングの情報」に合わせてコンテンツを出しわけることで、
お客様を効率的にフォローアップすることが可能になります。

ライフサイクルに応じたコンテンツ配信ができます

ターゲットとなるリードには、それぞれのライフイベントがあります。
BtoCであれば、入学や、卒業、結婚、出産、旅行、引越しなど。
BtoBであれば、Web情報収集、セミナー出席、比較検討、導入シュミレーションなど、
リードに訪れるさまざまなイベントに合わせてマーケティングの施策を行い、
接点を増やしていくことが重要です。

マーケティングオートメーションでは、ターゲットとなるリードのペルソナを事前に設定しておき、 顧客接点となるシナリオに合わせてメールを配信したり、広告を表示したりしてサービスへの関心度を 高めていくことができます。

リードのライフサイクルを把握するには、カスタマージャーニーマップを作成してみると 対策の可視もできるので、おすすめです。

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーに合わせて、コンテンツを配置


導入企業が増えています!

業種 / 業界にとらわれないで導入できる!

マーケティングオートメーションツールは、あらゆる業種において導入できるツールです。
商材に関わらず、お客様への販売チャネルにおいてWebコンテンツとの関係性が切り離せない時代になり、デジタルマーケティングを駆使する流れは避けようのない現実となっています。 そんなデジタルマーケティングを統括的に管理できるマーケティングオートメーションは、業界や業種にとらわれることなく効果を発揮しています。

Webでのトラッキング、メールでの効果測定、モバイルアプリでのプッシュ通知、SNSでのメッセージなど、あらゆるデジタルコンテンツとつながるマーケティングオートメーションツールは、 自社のマーケティング活動に欠かせない位置づけになってきています。