03-6863-5638

メールマーケティングとは

誰もが使うメールだから、はじめやすい!

誰もが使うメールだから、はじめやすい!

メールマガジンとは、違う?

メールを一括で配信するという点では、あまり相違がないように感じますが、大きく違うのは目的の部分になるかと思います。 メールマガジンでは、情報の発信が主な目的としている手法に対して、メールマーケティングでは、知って欲しい事や教えたい事を伝えて、 結果として「売上げを上げる」「問合せを増やす」といったマーケティング目標を達成する手法になります。


従来のメールマーケティングは。

メールマーケティングをする上で、文面中にひとりひとりの名前をメールに入れたり、属性に応じて文章を変えたりすることで メール文面をパーソナライズしていくことが効果をあげるコツでした。
さらに、メール文面中のURLを誰がいつ、開封してクリックしたのかを測定することで、その効果を可視化していました。

このように、従来のメールマーケティングでは以下のような機能を実装して売り上げのあげる対策を練っていました。

  • メールの予約配信
  • メールのバウンス計測
  • メールの開封/クリック計測
  • オプトアウト機能
  • レポーティング機能

メールマーケティングが日々進化しています!

ここ最近、デジタルの急速な成長により、これだけでは効果のメールマーケティングの効果を最大化することができなくなってきました。
受信環境でいえば、パソコンから、スマートフォンやタブレットなどの閲覧するデバイスが増え、インフラ環境が整備されたことで 動画コンテンツなどの配信可能となりました。
受信する顧客でいえば、ひとりひとりの趣向が強くなり、みんなと同じものでは満足しないようになりました。

こうした時代の変化にメールマーケティングも対応をしていく必要があります。
そこでメールマーケティングのツールの様々な進化をしてきました。

  • メール受信環境が、どんな端末かを識別する機能
  • メールのエラー理由の詳細なレポーティング機能
  • 顧客の登録日や属性情報に応じた、ステップメール配信機能
  • メールの開封やクリック状況をもとにした、スコアリング機能
  • 受信端末に依存しない、メール文面のレスポンシブ対応

切り離すことのできない、メールマーケティング

Lienなどのメッセージングツールが流行り始めた傾向はあるものの、すべてはメールアドレスをキーに登録をしたり、 メールで通知をしているのが現状です。
ビジネスにおいて一人1アドレスが割り当てられ、日々の業務で活用されています。

メールマーケティングが古い手法であるのは、歴史が長いというだけであり、効果がなくなったというわけではありません。 再度自社の顧客データを見直して、すぐに対策できるメールマーケティングを始めてみてはいかがでしょうか?


効果をあげるために、まず。

新しいこととはいえ、多大な時間をかけることは難しいかと思います。 そんなときこそ、専門家の力をつかってみてください。

トライコーンでは、一番大事な目標の設定から、お客様それぞれにあった解決方法をご提示させていただきます。 分からないことも不安なこともすぐに確認して実行できれば、ビジネスもスムーズに回ります。結果がでないときも、一緒に分析させていただきます。

お客様のビジネスの成長のために最善を尽くしてご対応させていただきます!

  • マーケティングオートメーションの活用事例をもとに導入支援と、運用支援ができます。
  • メール業界での実績をもとに、お客様に伝わるメールマーケティングができます。
  • 1社1名の専任コンサルタントがつくので安心してお悩みが相談できます。
  • 手間なデザイン制作もコンテンツ制作も一緒にお受けします。
  • 顧客分析をいながら、マーケティングのPDCAを支援できます。